BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
古谷会計事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属
お気軽にお問合せください。
古谷会計事務所
TEL:06-6961-0119(代)
futamo-fm@tkcnf.or.jp

所長の言葉

当事務所が、2か月に1回発行しているフタモ通信より☆

2018年3月29日

「兆し(きざし)」

 今年の春は例年になく早くやって来ました。一気に暖かくなり、体調管理の難しい季節になってきています。気を付けて過ごしていきたいと思います。
 さて本年度は外部環境がそう大きく変化しない一年になりそうです。ただ来年度は消費税率が10%に上がり、年号も平成から新年号へ移行していく大きな変化の年に入って行きそうです。我々もそういった時代の「兆し」をしっかりと読みながら、企業経営していかなければなりません。一年の経過するのは
あっという間です、しっかりと計画を立てていきたいものです。

兆し(きざし)

所長  古谷 玲

2018年1月30日

「平成30年の経営環境」

 平成30年は「人手不足」「オリンピックの準備」等、多くの課題を抱えてスタートしました。関西圏内も少しずつ景気感が良くなっている中、我々も大きな視点で外部環境をとらえて経営していかなければなりません。
 さて今年も日本経営合理化協会の牟田学さんが毎年出されている経営環境の四大指標を紹介したいと思います。参考にして下さい。

「公共投資」   150点 オリンピック特需が継続
「個人消費」   70点 昇給は良好、景気も好調
「設備投資」 海外50点 さまざまな分野でロボット化
       国内60点 AI化の波が押し寄せる
「住宅投資」   90点 住宅環境の洋風化すすむ

 大きく変化する外部環境に対応できるように、常に情報のアンテナを張り機会と脅威に目を向けて頑張って行きたいものです。

平成30年の経営環境

所長  古谷 玲

2017年11月29日

「経営者勉強会」

 急に寒さを感じる日が増えてきました。秋から冬に一気に季節が変わって行く中で、年末がすぐそこに見えてきています。一年間の締め括りをする師走に突入です。
巻頭の言葉でも紹介していました理念の勉強会も11月で全6回コースが無事に終了しました。おかげさまで理念について深く学ぶことができました。参加者の中には初めて理念を創られた経営者の方もあり、それぞれの課題を見つけられたようです。
 これからの時代にはこう言った内省的考察も求められるようになって来たと感じています。理念の実践にはこれで終了といったゴールもありませんので、常に深めていかなければ、と感じています。

経営者勉強会

所長  古谷 玲

2017年9月28日

「原理原則」

 暑さが少しずつ和らいできて、秋の気配を少し感じるようになってきました。今年も1/4を残すだけとなり、年末の足音が聞こえてくる季節でもあります。
 今回経営者勉強会で「経営理念」を勉強する中で、私自身も多くの学びを頂いています。その中で改めて感じる事は原理原則にしたがって経営していく事の重要性です。当たり前のことですが、理念とは「理に適った思いを貫く信念を持つ」であり、それは原理原則に沿った思いでなければならないと言う事です。
 勉強会も6回シリーズの2回が終了しました。関心のある方は途中からの参加もOKですので、一緒に「原理原則」を勉強しませんか?


経営理念

所長  古谷 玲

2017年7月25日

「経営理念」

 本格的な夏がやってきました。今年の夏は暑さがかなり厳しく、体力を試されている様に感じられます。体調管理には気を付けて行きたいと思います。
 さて会社の目的は永続性ですが、その為の目標は利益を出していく事です。またそれとは別に会社には経営理念があり、永続していく中で会社は利益追求とは別に経営理念の達成に向けて努力していきます。これは一見矛盾している様ですが、このバランスが会社の永続に繋がってきます。
 今年の秋から「経営理念」についての勉強会を6回シリーズで開催していきます。9月からの開催予定ですが、あっという間に秋はやってきます。理念に付いて興味のある方は、是非ご参加ください。

経営理念

所長  古谷 玲

2017年5月29日

「暑い夏」

 平成29年度も5カ月が経過しましたが、我々会計
事務所で働く者にとっては1年の半分以上が過ぎた様
に感じられます。6月は年初からの確定申告と3月末
決算が無事に終了し、少し落ち着いてくる時期になり
ます。
 さてそんな季節ですが、暑い夏の入口でもあります。
今年は猛暑になりそうですが、企業にとっては季節に
メリハリがある方が業績は良くなると言われています。
大企業とは違い、まだまだ中小零細企業には良い流れ
が来ていない様に感じますが、少しでも良い要因を見
つけて、業績アップにつなげていきたいものです。
 色々な意味で、これからの暑い夏を過ごしていきたい
と思います。

暑い夏

所長  古谷 玲

2017年3月30日

「春」

 平成28年度の確定申告期も無事に終了し、少しホッとできる春になりました。そうしている内に桜の時期が終わり初夏に入り、一気に暑くなってきます。それまで春を楽しんでいきたいと思います。
 また春は企業でいう年度末になるので、人の移動も多くみられます。我々の顧問企業でも4月から入社を予定されている企業もあり、これから新しいスタートを切られる社員さんもおられます。
 「企業は人なり」古い言葉ですが、経営の基本と思います。人を大切にできる、良い年度初めのスタートを切って行きたいものです。

春

所長  古谷 玲

2017年1月30日 

「平成29年の経営環境」

 平成29年はトランプ大統領の登場と共にスタートしました。
   この動きが、海外諸国・日本国・大企業・中小零細企業にも
大きく影響が出てきています。我々も、大きな視点での外部環
境の変化に目を向けて、経営をしていかなければなりません。
 さて今年も日本経営合理化協会の牟田学さんが毎年出されて
いる経営環境の四大指標を紹介したいと思います。参考にされ
て下さい。

「公共投資」     100点 オリンピック特需が継続
「個人消費」       65点 景気は好調
「設備投資」   海外50点 ロボット化、工場のFA化が進む
「設備投資」   国内60点   労働時間の短縮等
「住宅投資」     80点 新しい時代を意図した住宅が盛んに

 外部環境変化に対応できるように、自社の内部を強いものに
しておくことも大切です。頑張って行きたいものです。

平成29年の経営環境

所長  古谷 玲

2016年11月29日

「海外情勢」

 一年の締めくくりの月である師走に入りました。
 毎年のことですが、一年間の短さを感じる月でもあります。

 振り返れば今年もさまざまな海外での情勢変化がありました。
リオオリンピックでの日本人選手の活躍、韓国大統領の不正疑惑、アメリカ大統領選での新大統領誕生等です。

 そう言った海外情勢が日本に与える影響も複雑になってきています。プラス面、マイナス面はありますが、我々経営者はしっかりとその情報をとらえて経営の舵を取っていかなければなりません。

 来年早々に日本国内での選挙も可能性としては有りますし、常にアンテナを張って行きたいと思います。

海外情勢

所長  古谷 玲

2016年9月29日

「AI・人工知能」

 今年もあっという間に一年の四分の三が終了しました。本年度もゴールが見えてきた感じがします。朝の夜明けも遅くなり、夜が長くなってきました。
 その秋の夜長にインターネットで検索していくのにお勧めするのが「AI・人工知能」です。意味合いは「人工的に人間と同様の知能を実現させようという試み、あるいはそのための一連の基礎技術」となります。
 最近はよく新聞やテレビでも多く取り上げられています。
 経営の視点から見ると意識しなければいけない外部環境変化かもしれません。
特に「技術的特異点」(シンギュラリティ)の検索をお勧めします。
 季節の変わり目、体調管理には気を付けてお過ごしください。

稲穂

所長  古谷 玲

2016年7月25日

「景気感」

 残暑厳しい8月に入ってきました、今年の夏も暑い日が続いております。

 また今年は2016年リオ五輪が開幕します、4年後には東京オリンピックと考えると時間の経つのは早いと感じさせられます。
 先日東京の友達と話をする機会があり、景気感について聞いてみました。
 大阪とはやはりずれがあり、これからオリンピックに向けかなり景気はよくなるとの期待感は大きく、雰囲気は良いとの事でした。
 我々大阪も、前向きにコツコツと頑張って行きたいと感じました。
 8月24日(水)夜に100回記念のフタモ会が難波の道頓堀ホテルで開催されます。
 100年企業の社長のお話を聞けるチャンスです。 
 一緒に勉強してみませんか?

海

所長  古谷 玲

2016年5月31日

「経済予測」

 五月が終わり、初夏に入ってきました。
 クールビズが定着してきましたが、余りの暑さに エアコンを入れておられるお店等も多くなってきた 様な気がします。


 さて今回伊勢志摩サミットが開かれ、その後消費税率変更が再度延期になりました。
 そこから読み取れるのは、世界経済がやや不安定な状況という事です。今月六月にアメ リカが利上げを行うと、外部環境に色々な影響を与えそうです。当然マーケット・相場は荒れる事になり、円高・ドル安は進行していきそうです。

 あくまでも予想の域ですが、外部環境による経済への影響は益々大きくなってきています。常に最悪の事態も考えておく必要もあるかも知れません。
スイカ

2016年3月30日

平成28年度

暖冬の冬も終わりを迎え、平成28年は少し早い春がやってきた様な気がします。
今年はオリンピックイヤーという事で盛り上がりそうですが、如何でしょうか?
4年後の東京オリンピックもあっという間にやってきそうな感じもします。
本年度は1月からマイナンバー制度が開始して、色々な影響で現場は少しバタバタしている感じもあります。
また消費税率の10%への移行も1年後と迫ってきましたが、再延期も噂され不安定な状況です。
アメリカ大統領選挙、中国の経済情勢、そして日本では参議院選挙が行われます。今年もですが外部環境にしっかりとアンテナを張っていかなければいけない1年になりそうです。

桜

所長  古谷 玲

2016年1月29日

「平成28年の経営環境」


平成28年は株価の下落と共にスタートしました。
中小零細企業には関係が無いようですが、大きな視点での外部環境の変化は我々の経営にも影響を与えます。
さて今年も日本経営合理化協会の牟田学さんが毎年出されている経営環境の四大指標を紹介したいと思います。参考にして下さい。

「公共投資」 150点 オリンピック特需が継続
「個人消費」 70点 ボーナスと昇給による拡大期待
「設備投資」 海外50点 インフラの整備が進む
       国内60点 ロボット化、工場のFA化が進む
「住宅投資」 70点 新しい時代を意図した住宅が盛んに

外部環境に振り回される事の無いように、自社の内部を強いものにしておくことも大切です。頑張って行きたいものです。

所長  古谷 玲

2015年11月27日

「ベンチマーキング」

今年も残すところ僅かとなってきました。
穏やかな秋の日が続いていましたが、十一月の後半から一気に寒い日が多くなっており、体調管理には十分気を付けて年末を過ごしていきたいと思います。

十月から始めていました五回シリーズの経営者勉強会も残すところ十二月の最終回を残すだけとなってきました。
今回は初めて四回目にベンチマーキングという形で、企業訪問をさせていただきました。訪問先は運送業の企業で、今現在畜産物流に特化しておられる企業です。良く勉強をされており、外部環境の機会・脅威と自社の強み・弱みをしっかりと分析されておられました。

自社以外の会社訪問は初めての方ばかりで、参加した十一名全員が新鮮な体験をさせていただき、良い勉強になったと話されていました。来年もベンチマーキングは実施したいと思っていますので、また御案内させていただきます。
寒い日が続きますが、ご自愛くださいませ。

所長  古谷 玲

2015年9月24日

「秋の勉強会」

今年はお盆明けから一気に秋めいて、残暑をあまり感じることなく秋に突入した様に思います。
季節の変わり目、体調管理が大切になってくる季節かもしれません。

今年も秋の夜長に経営者勉強会を開催します。
今回は数字から少し離れて、外部環境と自社分析を具体的にしていきながら、今後の計画書作成に向けての第一歩になればと考え開催させていただきます。
目の前の仕事から少し離れ、他の経営者の方々と大きな視点で自社について考えていきませんか?

御参加、お待ちしております

所長  古谷 玲

2015年8月7日

「人材育成」

八月に入りましたが、暑い日がまだまだ続きます。この夏も頑張って乗り切って行きたいと思っています。

今年も繁栄計画書の作成を目的に、先月から毎月研修に参加しています。参加されている企業は優良企業が多く、その中に共通の項目がいくつかあります。一つは社長さんが勉強好きであること。そしてもう一つは「人材育成」に熱心に取組んでおられることです。社員さんに対して社外においても社内においても、研修等に長い時間と費用を掛けることは本当に大変ではありますが、そういった会社がより良い会社になって行くのを改めて感じる事ができます。

中小企業は経営資源が限られています、
色んな意味で暑い夏を乗り切って行きたいと思います。

所長 古谷 玲

2015年5月26日

「マイナンンバー制度」


今年も6月に入り、本格的な夏到来になってきました。最近はクールビズが一般的となり、街中でノーネクタイが多くなる季節でもあります。
最近「マイナンバー制度」についての案内等を良く目にすることが多くなってきました。具体的には今年の10月より各世帯単位でマイナンバーが送付される形で始まります。まだ内容を知らない方も多いかもしれません。企業としては、給与関係の源泉徴収票の発行時に必要となってきます。これについては7月のフタモ会で勉強会も開催する予定ですので、是非参加されてみて下さい。
暑い日が続きますが、体調管理には気を付けて頑張っていきましょう。

所長 古谷 玲

2015年3月30日

「新学期」

平成27年度も早くも3ヶ月が過ぎ、暖かい春新学期の季節になってきました。色んな意味で気持ちの切り替えが必要となる季節です。
本年度は消費税率の10%への移行も繰延べられ、税制面での大きな変更は有りませんでした。ただ景気回復の足取りは重く、我々中小零細企業に春が訪れるのはもう少し先になるような気がします。とは言うものの気持ちの切替えは必要で、新たな心構えで4月からも頑張って行きたいと思っています。
まだ朝晩は寒い日がありますので、体調管理には気を付けて行きましょう。

所長 古谷 玲

2015年1月31日

「平成27年の経営環境」

今年は消費税が8%になり丸一年目を迎えます。大企業はともかく、中小企業にとっては消費税と円安による原材料の上昇を転嫁できず、その影響がじわじわと出てきている様に感じられます。さて今年も日本経営合理化協会の牟田学さんが毎年出されている経営環境の四大指標を紹介したいと思います。

「公共投資」
 150点 東京オリンピック等による特需
「個人消費」
 前半50点 大企業・官庁は良い
 後半70点 政府の雇用対策に期待
「設備投資」
 海外40点 日本工場の海外進出は続く
 国内60点 工場のロボット化、FA化が進む
「住宅投資」
 70点 洋風化、省エネ化が進みます

われわれ中小企業にとっても外部環境の変化は大きく影響してきます。
こう言った全体的な流れを知っておくのも重要な気がします。

所長 古谷 玲

12月号より

「師 走」

今年も一年間の締めくくりの月、師走に入りました。秋から本格的な冬の到来を感じる季節になります、体調管理に気を付けながら良い時間を過ごしていきたいと思っています。

本年度は消費税率の変更があり、外部環境が大きく変化した一年でした。来年度のもう一段の変更は延期になりましたが、その動向にはアンテナを張っていく必要があります。これについては必要に合わせて情報を提供していきたいと思っています。

これからの季節は、我々会計事務所にとって繁忙期の入り口となります。年末調整、確定申告と一気に一年間の清算がやってくると共に、新年があわただしくやってくる季節です。毎年の事ですが、気持ちを引き締めて仕事に向かっていきたいと思います。

所長 古谷 玲

10月号より

「秋の夜長」

十月に入り朝晩の気温差も少しずつ大きくなってきました。日の沈む時間が一気に早くなり、夜が長くなってきたのを感じ、やっと秋の訪れに気づいています。

その秋の夜長に経営者勉強会の初級コース(全六回)が今開催されています。そのあと十月二十九日からは応用編ということで、「キャッシュフロー」の勉強を三回シリーズで行っていきます。「勘定あって銭足らず」はなぜ起こるか?自社の中での銭足らずとは?を楽しく面白く勉強していきたいと思っています。
多くの方のご参加をお待ちしております。

朝晩寒くなりますが、体調管理には気を付けてお過ごしください。

所長 古谷 玲